スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード2

   そうして僕はお店に向かったのでした。店の前に着くと真っ先にメニユーを確認すると、何と季節限定のクレープが出ていたのです、すぐさまご主人様に電話をします、「ご主人様、なんと季節限定のクレープがでています、今から読みあげますね。......」そうしてひとつずつ読み上げていったのでした。最後まで読み上げると、「もう一度教えて、最後のほうのきなこ...何?」「はい、きなこと黒蜜の餅クレープです」「それ、おいしそう、それにするわ」「かしこまりました、じゃっ、ベリベリときなこと黒蜜の餅クレープのふたつをご用意します」「お願い」そうして順番が僕の番でもう少しで回ってくるときです、ご主人様からの電話です、「ねぇ、一番最後のもう一度言って」「フォンダンショコラです」「う、ううん、ごめん、お餅をやめてそれにする、お願い」「もう少しで僕の順番でした、ではフォンダンショコラとベリベリですね」「うん」「かしまりました」何とか間に合ったのでふたつのクレープを手に入れることができました、そしてお店の方にベリベリの方の包みにベリベリとペンで書いて頂いたので間違うことはありません。手に入れたふたつのクレープを抱いて僕はホテルに向かったのでした。ホテルにつくとシャワーを浴び、お店にヘホテル名とルーメナンバを告げると、テーブルのうえに先ほど買ったクレープ、予め購入しておいた歌劇新刊、この前にご一緒したときに購入した「ドフトエフスキーの人間力」という文庫本を並べ、コーヒーのために予めポットに水を注いでお湯を沸かしておいたのでした。

ホテル  

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。