スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーナスの間4

  クレープを食べ終わったご主人様はも「執事、コーヒー」「は、はい、コーヒーより冷蔵庫に何か」「いいえ、コーヒーを作って欲しいわ」「は、はい」僕は備え付けのポットの中を水で濯いだ後沸かし、コーヒーカップについても水で洗ったうえでご主人様がいるベットの傍にお持ちしたのでした。「待っている間写真を撮ろう」「は、はい」ご主人様はベットの棚のところに腰をかけるとポーズをとります、「いきますよ」「ガシャ」「もう一枚」「ガシャ」今度はベットから立ち上がり鏡の脇に立ってポーズをとるのでした。「いきますよ」「ガシャ」「もう一枚」「ガシャ」こうして二人の静かで不思議な時間が流れていったのでした。暫くしてお湯が沸いたので撮影会は中止し再びご主人様はベットのうえに、僕はコーヒーカップお湯を注いで出来たコーヒーをご主人様に差し出したのでした。「どうぞ、熱いから気をつけてくださいね」「うん」そう言うとご主人様はコーヒーカップを手に取り、ゆっくり飲んでいったのでした。「おいしいわ」「ありがとうございます。そうして僕はゆっくりとご主人様のおみ足をマッサージしていったのでした。

ポーズ2 

ポーズ1 

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。