スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーナスの間3

   ドアをノックする音が聞こえドアを開けるとご主人様が立っていらっしゃいました。「ご主人様、この部屋もすごいです、きっと気に入ると想います、でもこの部屋は電波状態が悪く携帯届きません。電話するときはその窓際に行ってください、お願いします」「あら、そうなの?でも本当に素敵なお部屋ね」ご主人様は窓際に寄るとお店に一報をいれます。連絡を入れた後、「ご主人様、そのまま、そのまま  、写真を撮らせてください」あのお方が携帯を持っているところを後ろから何枚か撮影したのでした。「おおっ!すごいっ!!もう少し撮らせてください」「まぁまぁ、腹ごしらえね」「は、はい」僕はご用意したクレープをご主人様に差出ます。「ありがとう」ご主人様はいつものようにベットに行くと深々とベットに腰を下ろしてクレープの包みを開け食べていかれたのでした。僕はご主人様のおみ足を手に取りマッサージを優しくしていったのでした。「あら、今日のクレープ少し味がいつもと違うわ、生クリームが少ないわ」「そうでしょうか…..確かに新人の方が作ってらっしゃいました」「でも、やっぱりおいしいわ」「ありがとうございます、ご主人様、とっても素敵な表情です、本当に幸せそうです」「そうかしら?」そういいながらご主人様は幸せそうな顔をしてクレープを味わってくれたのでした。

ヒップ 

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。