スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べルサイユの間4

   ソファのある部屋につくと、「お前が暖房の聞かない部屋で寒くならないように一本鞭をあげるわ」「あーあーん」ご主人様は僕の背中を一本鞭で愛撫するように優しく撫 でていきます。その後、「ビシッ!」と一本鞭の激痛が背中に走るのでした。「ビシッ!」「うぐぅっ」「ビシッ!」「うぐっ」「どう?鞭欲しい?いってごらん」「ご主人様の一本鞭が欲しいです、一本鞭をください」「はい、わかりました」そうして再び一本鞭が何十本も飛んできたのでした。心得たように背中からお腹に回る巻き鞭や過敏な太腿への回る鞭を打ち据えます、「ビシ!」「うぐっ」「ビシッ!」「うぐっ」ようやくご主人様は一本鞭の手を休めると、「四つん這いのままベットのところまできなさい」と命令をします。「うぐぅっ」言われるまま四つん這いになってベットのある部屋に行くと、「ベットの真ん中に四つん這いになりなさい」「うぐぅ」「お前の鞭の苦痛を癒してあげるわ」というとご主人様は僕の四つん這いの後ろから両手を優しく回すと、鞭の痕を撫でるように背中やお尻や太腿を愛撫していったのでした。「あーーん、あーーん」ご主人様の手の甘い愛撫で一本鞭の苦痛はすっかり消え去り快感が体全体に広がっていったのでした。「あーーん、あーーん」「どう?痛みは消えた?」「あーーん、あーーん」「じゃっ、立ってこっちにきなさい」「は、はい」

ヒール責め 

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。