スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいお店、一ヶ月目4

しばらくしてから、電話をしました、
すると、ご主人様は、「もう私は SM業界から望まれていないってことなのよ」
 「そんなに早く結論づけてはいけません」
 「でも、じゃ。どうして私じゃなく、その新人にお客様がいっちゃうのよ。それにその新人、態度が悪くって気に入らないの、しかもその新人をオーナーが押していることも気に入らないわ、ブレイひとつできないのに」
 「もう少し様子をみましょう、それにその新人は性感コースでしょう、ご主人様のようにM専科コースではありません」
 「でも、新規のお客様がつかないわ」
 「ご主人様でないといけないリピーターがいっぱいらっしゃるじゃないですか」
 「でも、新規のお客様がこないと意味ない」
 「ご主人様、その新人の方は性感ですから、ご主人様とはまったく方向が違うし、それに性感のお客様ってリピート率は低いと思います、今、新人だから来ているだけでその新人にリピートするかどうかはわかりません」
 「もう私、SM業界で必要とされていないのだわ」
 「もう少し、様子みましょう、あまり考えすぎないで」
 「うん、しばらく実家に帰って、愛犬に癒されてくるわ」
 「そうしてください、実家にいるときは仕事のことを忘れて」
 「うん、そうする」
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。