スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清濁併せ呑む 3

 今日はご主人様の久しぶりのリクエストでオイルマッサージの日です、新しいオイルとクレープをご用意してホテルに向かっていると偶然にもご主人様にお会いし二人でホテルに向かったのでした。ホテルに着くと真っ先にポットの準備をすると、ご主人様にブログのすべてを手渡したのでした。「ありがとう、これはひとつの歴史ね「はい、僕にとっても歴史です」CDプレーヤをセットしてシャワーを浴びにバスルームに行ったのでした。シャワーを急いで浴びてもどると、ご主人様はソファに腰かけ、クレープの包みに手をやるところでした。僕はその前にいつものように正座してご主人様のおみ足をマツサージしていったのでした。「おいしいわ」「ありがとうございます、いつも以上に丁寧にクレープを作っていました。今日はマッサジオイルを買ってきましたからたっぷりやりますからね」「ありがとう、執事、コーヒー」「はい」ポットからお湯を注いでコーヒーを作りご主人様に差出します。「おいしい」「ありがとうございます」「さぁ、マッサージ」というとご主人様はベットに転がったのでした。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。