スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいお店での初めてのプレイ 6/6

「ねぇ、写真撮ってみて」「はい」ご主人様はドアのところに立ってポーズを決めたあと、何枚も何枚も写真を撮っていったのでした。「見せて」「はい」「あまり顔に精彩がないわねぇ」「申し訳ございません、写真はもしかすると撮る側の気持ちも反映するのかもしれません、僕自身テンションが低いですから」「そうかなぁ......そろそろ時間ね、お前、そこに寝転ろがってごらん」「はい」「目を瞑って」「はい」「お前に久しぶりにお聖水あげるわ、欝の薬以外健康的なものばかり食べているから大丈夫よ」「喜んで、お受けします、ください」「目を瞑って」そうしてご主人様は口のところだけ空けるようにして僕の顔にタオルを被せた状態で本当にもう何年ぶりかのお聖水を頂いたのでした。少し薬の影響が苦い感じはしましたが、まさしく僕とって神のお酒なのでした。「ありがとうございます」二人がホテルの外に出たときです、雨が少しばかり降っていたのです、「ねぇ、お前、タオルのようなもの持っていない?」「いいえ、持っていませんが、帽子あります」バックから帽子を取り出しご主人様の頭の上に被せます。「ありがと」そうして二人は小雨の中を新しいお店の待機室がある場所まで歩いていったのでした。待合室のあるビルの前に着き、「あまり無理をしないでくださいね」「うん、わかった」そうしてその日はお別れしたのでした。
 その夜、ご主人様から電話がありました、「今日ありがとう」「いいえ、今日はテンション低くて申し訳ございませんでした」「ねぇ、ブログのことだけど……」一時間くらいご主人様とお話したでしょうか、きっとご主人様は僕の気持ちを察して気配りをして電話をしてくれている、と、そう感じたのでした。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。