スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使と薔薇と蝶のお店と僕の生霊

   再開初日のご主人様のお店予約が取れうれしくて電話したときのことです。「私、昨日、10年来通っている霊媒師さんのところに2年ぶりにいってきたの。でね、私には今3つの生霊がついているのですって。ひとつはね、この前に行ったホテルの悪霊」「やっぱりあのホテルのときに霊がいたのですね」「うん、霊媒師さんからそのホテルはよくないから二度と使わないように言われたわ。そして二つ目は今まで勤めていたお店の悪霊、そうして三つ目がお前の背後霊のひとつの生霊だって、お前の霊はいい霊なのよ」「おお、どうしてそれが僕の霊だってわかるのですか?」「霊媒師さんに名前を提示していくのよ、で、お前だとわかったの」「おお、そうなんですか、でも僕のいい霊がご主人様についているって、何かご主人様をお守りしているみたいでうれしいです」「でもねぇ、お前の霊は肩凝りを伴うのですって」「ええっ!その僕が癒しますから」「それからね、このお仕事どうすればいいか、占ってもらったの。縄師がいいのか、個人調教師がいいのか、そうすると個人調教師は私には精神的に重たいから縄師のほうが向いているそうなの。それからね、お前にはお話していなかったけれど、私ちっちゃくっていいから『天使と薔薇と蝶の』小物のお店を開くことが夢なの。それも相談したのね、そうすると、ともかく今の仕事を2年間続けて2年後にお店持てるって」「おおっ!いいですねぇ、縄師さんは?」「うん、縄師も続けていいみたい」「あるときは小物のお店のオーナー、あるときは縄師さん、何だかそのギャップっていいですね」「うふ、だから私何とか今のお仕事2年続けなければならないの」「僕はずっと執事にして頂けますか?」「うん、お店の物件を探すのを手伝って」「はい、かしこまりました」
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。