スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命日 1

 週末、久しぶりに美術館に行った帰りの電車に乗っていたときのことです、ご主人様からメールがあったのです、「できるときでいいから電話ちょうだい」「あと5分で駅につきます、ついたら電話します」そうして駅に着くや否や電話をしました。「どうされましたか?」「うん」「ゼッテンどうですか?」「うん、あれは効くわ、でも昨晩いやなことがあって鬱になりそうで寝むれなかったの」「何があったのですか?」「うん、この前言っていたバイトの件だけど」「あれは止めておいたほうがいいって申し上げたのに」「うん、でも、試しに電話してみたの、そうするといろんなことを聞かれた後、年齢のお話になって年齢を告げると、急に態度が変わって難しいけど深夜の掃除ならありますって言うの、もう、ショックでショックで」「だから申し上げたでしょう、そういうところは結局『性』としての要素を求めているだけだし、お客様も酔っ払いが多いし、まともじゃないですから」「うん、でも年齢をどうのこうのいわれるのが腹立たしくって」「まあ、逆にそんなところのバイトが決まらなくってよかったと考えましょう」「うん、ねぇ、今どこ?」「駅のプラットホームです」「ねえ、いまからこれない?」「何とか1時間くらいいただければお伺いできます」「うん」「じゃ、お店に予約してみます」「違うのよ、お前はお店に週一回くれば充分よ、お茶がしたいの」「そうですか、じゃ早速電車に乗ってそちらに向かいます」「うん、じゃ、お前がいつも買ってくれるクレープ屋さんの前で待ち合わせよう」「はい」「でもお客さんの予約が入ったらどうしよう」「はい、そのときは終わるまで待ちますから、じゃ!」「うん」そうしてぼくは再び電車に飛び乗って約束の場所に急いだのでした。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。