スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座敷童子 2

     「あれでしょう、ひとりひとり数えていったらどうしてもひとり多い、そういうのでしょう」「いいえ、家を守る霊でいろんな謂れがあるのよ」「どんなで謂れですか?」「うん、昔、精神などいろんな障害をもった子など土の中に埋めたらしいの、それが座敷童子の由縁らしいの。土に埋めてその上を踏んでいくらしいの」「何か、神秘的ですね」「その旅館の写真をよく見ると私の住んでいるマンションの作りに似ているの、それにぬいぐるみや天使の置物が一杯あって」「そうなんですか」「うん、で、無精に岩手に行きたくなったの」「東北って行ったことはないですが太宰の生まれた地方ですね」「うん、ほかに寺山修司とか」「はい」「何か不思議なところの印象が強いですね」「うん、でも私『いたこ』は信じていないわ」「ご主人様はよく色んなことに好奇心旺盛になっていいことだと思います」「そうかしら」「でも、なぜ鬱になっちゃうのでしょうね」「ううん」「多分プラスの方向に向いたら無茶苦茶いい感じなのにちょっとマイナスに向いてしまうとどんどん落ち込んでしまうのでしょうね、そんな気がします、まじめなのです」「そうねぇ」[ゼッテンと聴覚を研究しようと思ったら、もう、座敷童子ですね]「うん、多分、お前が座敷童子を調べ終わった頃には違うことに興味を持っているわ」「あはははっ、とりあえず岩手調べてみます」「うん、ツワーとか見ておいてね」「はい」そうして電話を終えたのでした。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。