スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仕置き 2

 「昨日、本当に申し訳ございませんでした」と言ったものの御主人様からは何の返答もなくいつものようにテーブルにつくとお店にホテルに着いた旨の連絡をいれます。もう一度、「申し訳ございませんでした」「うん、でも、もうお互いお話ししたからいいわ」「は、はい」「一本鞭行くわ」「は、はい、こちらから御願いするところです、今日はご主人様から一本鞭があることは覚悟しておりました」「そこに四つん這いになってごらん」こうしてお会いして直ぐの一本鞭はここ何年もないことなのでした。四つん這いになった僕の背に、お尻に、太腿に、肉を切るような一本鞭が100本近く打ち据えられたのでした。「すごいことになっているわよ、写真に撮っておくわ」というと僕を壁に促し、ご主人様の持っているディジカメで立った姿を撮っていったのでした。「そこに四つん這いになってごらん」言われるまま間四つん這いになった僕の背をヒールで押さえつけながら、再びディジカメに撮っていきます。「ガシャ」「ガシャ」情けないを撮られながら致し方がないと観念していたのでした。

人形3 

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。