スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叱責 2

  「そんなのじゃ伝わらないわ、ケアができる女王様って、一体、何どんなにケアができるかどうかを言わないと伝わらないじゃないの、それから最後にお店にいってみればというけれど、お店に行くのかお店に言うのかが、わからないでしょう、お前、本当に仕えない奴隷ねぇ。もう一度書き直しなさい、ちゃんと自分の言葉で伝えるのよ、わかった?」「は、はい」もう一度バソコンに向かって、「先ほど書き込みしたものですが、もう一度明記します.......」と、比較的長文を書き込んだのでした。それから暫くしてご主人様からメールで、何箇所か漢字変換していない箇所や誤字があることを指摘したうえで、「こんな内容では私が困るの、私に長く仕えた奴隷がこの程度かと想われると、私自身が奴隷を調教できていないと想われるじゃないの」直ぐに電話で、「申し訳ございませんでした、謝ります、お許しください」と謝ったけれど、一向にお許しいただけません。「なぜ、そんな基本的なことができないの?それは私のことを大切にしていない証拠だわ。どうしてくれるの?私のお仕事に影響するのよ」「申し訳ございません」と繰り返すしかありません。気まずい思いで電話は終わったのでした。
スポンサーサイト

<< 叱責 3
| TOP |
叱責 1 >>

コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。