スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご自分に束縛されないで 1

  そうしてご主人様にお会いする日がやってきたのでした。その朝、ご主人様から「今日はお店が終わった後、実家に帰るから予定の時間を少し早い時間に変更しておいて」というメールが入ったので、僕はお店に予定時間変更の電話をいれ、家を出ようとしたときです、携帯に、「ブログの文章と画像送っておいたから私のかわりにブログにアップしておいて」というメールが入ったのです、急いでパソコンを立ち上げ、何とかご主人様になりかわってブログのアップを済ませたあと、ようやく家を出たのでした。インフルエンザの影響か、電車の中はマスクした方が多く見受けられます。電車を降り、いつものようにクレープのお店で2種類を購入しホテルに向かったのでした。ホテルに向かう途中、ふと、頭に過ぎったことがありました。それは、ご主人様は、多分、他人には束縛されることのない自由人だけれども、もしかすると誰よりもこ自分に束縛されているのではないかと。そのことが頭に浮かんでからというもの頭から離れないのでした。ご自分に束縛されている、少しでも自分から自由になることが今一番大事なことなのではないか、ご自分自身が自由になることが今ある持病のうつ病から少しでも開放されるに違いないと、そんなことを考えながらホテルに着いたのでした。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。