スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吊りの練習 4

  矢張り緊張しているのか話しかけるようなこともありません。それでも最初の吊りを丁寧に完成させたのでした。「私のカメラで撮影するね、いくわよ」「はい」「ガシャ、ガシャ」そうしてCDが全曲終わること最初の吊りが終わったのでした。「このCDちょうど一時間だから時間を計るのにちょうどいいの」「もう一時間ですか、早いですねぇ」縄を解き「しばらく休憩しよう、お茶を飲んで喉を潤しておきなさい。吊りを甘くみちゃ駄目よ」「はい」いわれるまま冷蔵庫にあったウーロン茶に氷を入れ少し飲んだのでした。20分くらい休憩したあと、「こんどはブランコよ」「はい」それから2本の吊りが行われ計3本の吊りがその日行われたのでした。ご主人様から「スイッチ入っちゃダメよ」と忠告されておりましたが、3本目の横吊りですっかり吊り酔いの快感に体全体が捉われてしまい、最初スイッチがはいってしまったのでした。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。