スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りの再会とマッサージ 6/6

     千切れるばかりの傷みが走りぬけます、「い、い、いたいぃ….」「うふっ」ご主人様は口から乳首を離すと、もう一度手で優しく弄んでいったのです、暫くして「おしまい」「ありがとうございます」乳首の快感がまだ僕の体全体に残ったまま、乳首責めは終わったのでした。
 「ご主人様、JR線よりやはり阪急沿線がいいかもしれません」「そうねぇ、天使と薔薇だけのお店だと新規のお客様は入りにくいと思うから、カフェをやろうと想うの、カフェで飲み物を出しながらお店に商品を並べたら、もしかしたら男性客も集まってくれるかもしれないもの」「うん、それはいいですねっ、コンセプトが少しずつ明確になってきましたね。通勤帰りが多いオフェス街だとニッチかもしれません。場所は考えておきます」「うん、御願いね」「でも、本当に夢があるっていいことだと想います」そうししてその日はご主人様とお別れしたのでした。

身支度 

   その深夜ご主人様から「お前からもらったCDじっくり聴くね」とメールがあったのでした。少しでもご主人様のお役に立てていると感じた僕はご主人様にお渡ししたCDと同じ曲を聴きながら、その夜、ぐっすり寝入ったのでした。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。