スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りの一本鞭6/6

    「あーーん、あーーん」「お前、何勃起しているの、こうしてあげる」てというと乳首責めを続けながら僕の勃起したものをヒールで踏みつけたのでした。「あーーん、あーーん」そうして僕はご主人様の快楽責めで頭が真っ白になっていったのでした。ご主人様は手を止め片手で僕の顔を持ち上げるともう片方の手で優しくビンタしたぬあと、「行くわよ」というと厳しいビンタが頬に飛んできたのでした。「ビシッ!」「うっ、ありがとうございます」「時間ね」「ご主人様、一度立ち上がってください」僕は立ちあがったご主人様を抱きかかえると、「ハグしますからね」「うん、力ぬくわよ」僕はご主人様を思いっきり抱きしめます。ご主人様の鼓動と僕の鼓動がひとつになったとき、ゆっくりと持ち上げたご主人様の体を下ろしていったのでした。「何かパワーをもらった感じ、気持いいわ」「そうでしょう、それ僕のハグのパワーをご主人様に捧げたのです」そうしてその日はご主人様と握手をしてお別れしたのでした。

ご主人様と一本鞭 

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。