スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

差し入れ2

   そうして翌日、僕はクレープ屋さんを目指したのです。天候がいいこともあって休日のクレープ屋さんは案の定、たくさんのお客様が並んでいたのでした。ただ、いつものように予約の時間を気にする必要がなく人並みを眺めながら自分の順番がやってくるのを待っていたのでした。暫く待ってようやく順番が廻ってきて、「生チョコバナナ」を注文し、手に入れるとその足でデパートの地下に向かいました。少し元気をつけて頂くために「イチゴ」を手に入れるためです。フルーツ屋を探し出し、「イチゴ」を買って出ようとしたとき、「おにぎり屋」さんが目に飛び込んできたので、あわせて買ったのでした。いつものコンビニで買うおにぎりとは少し違い、丁寧にパックにつめてあるのでした。こうして下準備が終わり、ご主人様の棲む街にむかったのでした。予めGoogleで検索をしておいた道順を頭に想い描きながら、目的のマンションまで少し動揺しながらも辿り着いたのでした。マンションの入り口はロビードアホンになっていて、ご主人様のお部屋を呼び出したのでした。10秒くらい呼び続けたでしょうか、「はぁーーい」「おお、ご主人様!」「今、目が覚めたの、お前の顔がカメラに映っているわよ」「恥ずかしいです、どうすればよろしいですか?」「ウン、今からドアを開けるから、私の部屋の前まで来て。前まできたら入口においてね」「直接手渡したいです」「いやぁっ」「ともかくあがります」
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。