スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りのディナータイム1

 年が開けご主人様の時間調整により久し振りのディナーの日を持つことになったのです。僕は少し早く退社し約束の場所向かいました。早くついたので本屋さんでご主人様からのオーダーもあってDVDから音声だけ取り出してCDに焼き付ける方法が記載されてある本を探したのでした。なんとか一冊見つけ購入したときです、ご主人様からのメールで、「今起きたところなの、昨夜i-tuneの申し込みをしてi-tuneに嵌ってしまって寝たのが朝10時だったの。今日これから来週の面接のためのスカートを買いに行くからお前は待機していなさい」「は、はい、どのくらい?」「そうねぇ、8時くらい」「かしこまりました」それからも本屋さんで僕は時間を過ごしていたのでした。ちょうど7時50分頃、ご主人様から電話があり、「お前に付き合ってほしいところがあるの、TowerRecordに行きたいの、デパートの前で待ちなさい」「は、はい、2.3分くらいでいけると想います」急いで本屋さんを飛び出して待ち合わせの場所まで小走りに向かったのでした。ちょうと着こうとしてたとき、向こうのほうから僕を探しているような素振りのご主人様を発見したのです。手を振って、「どうもどうも」とご主人様の傍に駆け寄ったのでした。「スカートは?」「うん、ちゃんと買ったわ、ねぇ、タワーレコードに行きましょう」「はい」「昨日ネットでクラシックを検索していたらどうしても欲しいCDを見つけたの、ショパンよ」「おおっ、素晴らしい、行きましょう、行きましょう」そうして歩いて数分のところにあるタワーレコードに向かったのでした。
スポンサーサイト
コメント

音楽

chopinは昔からよく弾いていて、最もレーパートリーの多い作曲家です。
彼の音楽には刹那さが溢れていますね。
尤も、マゾには刹那より苦悩くらいがよく似合うように思いますけれど。笑

■cecilie様、
コメントありがとうございます。。
この日以来、僕はショパンに嵌り、いろいろなピアニストを巡りました。そのなかで一番僕にしっくりくるのはルービンシュタインです、あの音と音との間の何ともいえない余韻が堪らなくスキです。。。

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。