スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吊りの練習 3

    いわれるままシャワールムで簡単にシャワーを済ませると下着一枚で再びスタジオの中に戻ったのでした。ご主人様は実際のプレイと同じ環境を作るため、スニーカーから持参したヒールに履き替え上着を脱いで軽い格好をしたのでした。「そうそう昨日時間があったらタカラヅカのCD買ってきたの、セットするわ」ご主人様はスタジオのCDプレーヤーにセットをすると退団公演の模様が流れてきたのでした。吊りとタカラヅカというのはどこかミスマッチなところが感じられましたが、多分、ご主人様は久し振りの吊りで高鳴る気持をタカラヅカで落ち着かせようとされているのかもしれないとも想いながら流れるタカラヅカのステージの模様を聴いていたのでした。
 ご主人様は縄を取り出しまわりに並べ終えると「さぁ、始めるわよ。まずは標準的な吊りから」「はい」「ここに立って」「はい」ちょうど吊られる位置の真下に促され吊りの練習が始まったのでした。
スポンサーサイト

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。