スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラマーゾフの兄弟2

  「ありがとう、ねぇトイレいきたいの」「行きましょう、開演までに未だ時間があります」二人は劇場を離れホテルに向かいしました。「懐かしいわ、昔、私このホテルに勤めていたの」「ええ!そうなんですか」「うん」2階のトイレの前でご主人様のコートと荷物を預かりました。「今日、ディジタルカメラを買ったの、これから縛りとか記念に撮影しておこうと想って。量販店に勤めているM男がいうにはこのカメラが一番いいのですって」「そうなのですか。でもご主人様のブログに画像がアップされているのを見るときっと嫉妬の塊になってしまいます」「ううん、載せるのはいい画像が出来たときだけよ、それにアップの仕方しらないもの」「今度アップの方法をご説明します」「この場所懐かしいわぁ、ほら、ホテルの方の制服あるでしょう、昔は違っていてもっとヅカっぽかったわ」「何をなさってらっしゃったのですか?」「うん、受付みたいなことよ、トイレいってくるわ」僕はご主人様のコートと荷物を預かって待っていたのですが、もしひとりだったら思わずコートに顔を埋めているだろうと想い耽っていたのでした。
スポンサーサイト

| TOP |

奴隷の喜び

奴隷の喜び
  banner

プロフィール

M破門中

Author:M破門中

時計

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

連絡帖

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。